FC2ブログ

プロフィール

リョーチカ

Author:リョーチカ
ラブライブ!絢瀬絵里仕様の痛車に乗ってます。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter...

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 【ネタバレ】劇場版を観て、個人的に感じた違和感。

劇場版のネタバレ全開ですので、まだ劇場版を観てない方は読まないで下さい。
あくまで、個人的に感じた事です。
今は違和感は感じていません。


アニメ2期11話で描かれた1・2年生の答え=大会(ラブライブ!)が終わったらμ'sはお終いにする。
映画では3年生の答えが描かれています。
スクールアイドルである事にこだわりたい。
答えに関しては文句は無いです。

納得出来なかったのは、その答えを出すまでに至る過程。
3年生が集まっている様子を背景に絵里が穂乃果に送ったメールを読み上げる形になっていました。

何故、ここをしっかりと描写してくれなかったのか?
ここだけが、どうしても納得が出来ませんでした。

それに関して、1つの答えを貰ったのが、この感想・考察。
http://s.ameblo.jp/ph7overhike/entry-12039009572.html

『急展開で時間を進めたのは、
未練なくμ'sを終わらせるため
敢えて振り切った』

の部分です。

この文はラストライブの部分を語った物なんですが、なるほどと思いました。
そう考えるなら、納得出来ない事もないかなと。

2期で出した答えが変わる事はないという表現だと思えば、あれで良かったのかもしれません。

正直、2期最終話のラストで校門をくぐらず、劇場版があると分かった時は、まだ続くものだと。

自分がそうなって欲しいと思っていた事が叶うかもしれないと思ってしまっかたから、最初に観た後は辛かったのかもしれません。

今でも、続いてくれるなら、続けて欲しいと思っています。
でも、μ'sの物語はこれで終わりなのでしょう。
今後、CDは出続けるかもしれません。
それでも、彼女達の物語はここで完結したのだと。
それを受け入れる為に、出来るだけ劇場に足を運びたいと思います。

劇場公開が終了したら、また感想を書いてみようかと思います。
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 07月 06 2015
    • 2015/07/06(月) 20:53:43
    • [ 編集 ]
    • URL
    • #-
このシーンは絵里(3年生組)と穂乃果が同時に答えを出すところが
「みんな考えていることは同じ」を強く表す良い演出だった思います
葛藤は前の場面にあるので冗長ですし、
答えを出すシーンなのでブレーキになるような演出は無くてよかったと思います

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。